SIMカッター

現在スマホでmicro simのSIMカードを使用していますが、

最近のスマホはnano simが増えてきています。

micro simからnano simに変更する場合は、手続き費用がかかります。

私の場合BICSIMを使っていますが、sim変更費用3,000円かかる事が分かりました。

そこでSIMカッターの存在を思いだしました。

インターネットで調べるとアマゾンで売ってました。

img_0135-1.jpg
早速購入しました。

送料込み300円って原価はいくらなんだ。しかも、micro simのアダプタ付きでした。

270円くらいのもある。。

micro simを標準アダプタに付けてカッターにセットし、上から力強く打ち抜く。

練習用simがあれば試し打ち出来ると安心感がありますが、無ければ一発勝負で。

上手く、抜けました。

こんな感じです。

img_0375-1
アダプタにセットすると

img_0373-1

スマホにセットして通信確認してみたところ、ちゃんと通信できました。

取り敢えずmicro simアダプタ付けてそのまま使用しています。

img_0374

これで、いつでもnano simのスマホに変更可能です。

結論、nanosim変更は1/10の費用で済みました。

Windows10その2

Windows10をインストールした不具合について、boot切り替え出来るアプリがインストールされなかったが

再度インストールに挑戦したら、すんなりとインストール出来た。更に、boot切り替え用アプリもインストールされた。

なんだった?

これで、iMac mid2011の

Windows10インストールも完了。

Windows10

無償期間が過ぎる前に

iMacへWindows10をインストールした。

1つ目は、parallels上にインストール。

こちらは、問題なくあっさり出来た。

2つ目は、bootcampから入れてみた。

だが、インストール出来ない。

AppleのサポートHPを確認したら

iMac2011は、bootcamp使う場合Windows10対象外になってた。

ガーン。まだ、買って5年しか経ってなのに酷い。

Windows7からアップグレードしてみたが、うまく行かない。

1日目、いろいろ試してみたがインストール出来ない。

2日目、今度は思考を変え

クリーンインストールしてみた。

まずは、Windows10インストール用DVDを作成。

iMacOS Xから、bootcamp経由でWindows10DVDをセットし、クリーンインストール。

bootcamp用Apple ユーティリティをUSBで読み込みしたが、インストール途中エラーで固まる。

その後遺症で音が出ないしサンダーボルトも使えない。

仕方ないのからマニュアルで音源用チップcirrus4206をインストールしてみたら、音が出た。ラッキー。

更にマニュアルでApple ユーティリティを、かたっぱしからインストールしてみたらサンダーボルトも使うことが出来た。

一通り、問題なく使えるから、良しとしよう。

不具合:OS Xのリブート切り替えアプリがない。

なので

完全シャットダウンの設定にしないと、ドライブ選択画面(option長押し)が使えない。

EdisonのMraa(SPI)を使う

EdisonのMraaを使い、Python言語でSPIの設定を行ってみた。

Arduino Boardでは
IO10:SPI_2_SS1(CS)
IO11:SPI_2_TXD
IO12:SPI_2_RXD
IO13:SPI_2_CLK
が使える。

Pythonで以下のコマンドが使える。

Spi (int bus)
mode (Spi_Mode mode)
frequency (int hz)
writeByte (uint8_t data)
write_word (uint16_t data)
write (uint8_t *txBuf, int length)
write_word (uint16_t *txBuf, int length)
transfer (uint8_t *txBuf, uint8_t *rxBuf, int length)
transfer_word (uint16_t *txBuf, uint16_t *rxBuf, int length)
lsbmode (bool lsb)
bitPerWord (unsigned int bits)

SPI_MODE0
CPOL = 0, CPHA = 0, Clock idle low,
data is clocked in on rising edge,
output data (change) on falling edge

SPI_MODE1
CPOL = 0, CPHA = 1, Clock idle low,
data is clocked in on falling edge,
output data (change) on rising edge

SPI_MODE2
CPOL = 1, CPHA = 0, Clock idle low,
data is clocked in on falling edge,
output data (change) on rising edge

SPI_MODE3
CPOL = 1, CPHA = 1, Clock idle low,
data is clocked in on rising,
edge output data (change) on falling edge

注意点
frequency()はHzで指定 25MHzまで
SpiのSは大文字で書く
Spi()のポート番号はなんでもいいみたい。。。?? 1、2でも同じ動き。
mode()は0,1,2,3を指定。
lsbmode()は、数字を入れるとエラーになるし、うまく動かない。???

使用例

#!/usr/bin/python

import mraa

spi = mraa.Spi(2)
spi.frequency(1000000)
spi.mode(0)
spi.lsbmode(True)

while True:
spi.writeByte(0x35)

受信は、まだやってないです。。。

EdisonのMraa(PWM)を使う

EdisonのMraaを使い、Python言語でPWMの設定を行ってみた。
参考にしたHPは、

iotdk.intel.com Mraa

EdisonのPWMはクロックの関係で、波形期間が
PWM period (μs) PWM frequency (Hz)
213                              4,688
427                              2,344
853                              1,172
1,707                              586
3,413                              293
6,619                              151
6,827                              146
13,653                            73.2
27,307                            36.6
54,613                            18.3
109,227                            9.2
218,453                            4.6
上記の値を適用されてしまう。
なので、適当なperiod値を設定しても上記の値となる。

Python のコマンドは
Pwm (int pin, bool owner=true, int chipid=-1)
float write (float percentage)
period (float period)
period_ms (int ms)
period_us (int us)
pulsewidth (float seconds)
pulsewidth_ms (int ms)
pulsewidth_us (int us)
config_ms (int period, float duty)
config_percent (int period, float duty)
int max_period ()
int min_period ()
が利用できる。

注意点
Dutyは0.5fのfはエラーとなるので必要ないらしい。
config_percent (int period, float duty)
periodは、msで設定。

使用例

#!/usr/bin/python
import mraa
import time

PWM_PIN = 3

#init PWM
x=mraa.Pwm(PWM_PIN)
x.config_percent(218,0.5)
x.enable(True)

x.period_us (54613)
x.pulsewidth_us (1000)

目的は、1Hzの矩形波が希望であったが
4.6Hzで我慢しよう。

久々に中古オシロを使ったが、調子が悪かった。新しいオシロが欲しい。